ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

信長の館:VR安土城シアターは3月28日より一般公開です!

信長の館 VRシアター完成間近!

以前よりご案内してきた、織田信長安土城をデジタルで復元するVR安土城プロジェクトにつきまして。昨年度作成したVR安土城アプリケーションを常設展示する「VR安土城シアター」が此度、信長の館近江八幡市安土町)に完成する運びとなりました。先日建築工事の検査が終わりました。3月28日(土)に除幕式が行われ、同日より一般公開となります。ご笑覧頂ければ幸いです。



■先週下見をしてきました。絨毯は信長が好んだ赤色としました。


■VRシアターはまだベールに包まれています(笑)。


信長の館へは、自家用車でアクセスできますが、日頃の運動不足を解消したい!と感じられたら安土駅より徒歩をお勧めします(約2km)。空が広くての〜んびりした田舎の風景が広がります。平日ですと、駅から市のコミュニティバスあかこんバス」を利用されるのもレア旅になるように思います。

信長の館には、VRシアターの他、安土城天主の上層部(5階6階)の実物復元が展示されています。これは、1992年スペイン・セビリア万博の日本館のメイン展示として作られ、その後、安土町が引き取られたものです(日本館プロデューサー:堺屋太一、設計:安藤忠雄)。

信長の館を見学された後、安土城跡にお登りください。天主等建築物はありませんが、平成の発掘調査により大手道等復元されました。安土山はそれほど高くない山です。登っていると、現地の風景と先ほどご覧頂いたVRのシーンが重なり合ってくるかもしれません。天主台からは、高島の扇状地、賤ヶ岳、小谷城跡、長浜、伊吹山辺りが眺められます。

事前に、VR安土城 タイプスコープをご自身のスマホタブレットにダウンロードしておかれると、安土城城下町をはじめ近江八幡市内の12スポットで当時の風景を眺めることもできます。

また、信長の館の背後にある、繖山もお勧めです。こちらは少々高い山ですが、頂上付近で視界がぱっと開けます。そこから眺める、安土山、琵琶湖、湖西アルプスの風景は最高です。

長くなりましたが、どうぞ宜しくお願いします。

関連する記事: