読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

CAADRIA2013 (Computer Aided Architectural Design Research In Asia)に参加しました。


こんばんは。先週は、CAADRIA2013 (Computer Aided Architectural Design Research In Asia)に参加してきました。
CAADRIAはアジア地域における建築・都市設計分野のコンピュータ援用に関する学会です。今年は18回目で、シンガポールNational University of Singaporeで開催されました。

論文発表は計91編。これに実務発表が加わりました。

  • Abstract Submission: 259
  • Abstract Acceptance: 209
  • Full paper Submission: 130
  • Full paper Acceptance & Publication: 91

論文のテーマ

  • Building Information Modelling
  • Robotic Fabrication
  • Generative and Evolutionary Design
  • Simulation, Prediction and Evaluation
  • Collaborative and Participatory Design
  • Design Education
  • Interactive and Participatory Design
  • Virtual and Augmented Reality
  • Parametric Design
  • City Modelling
  • Digital Fabrication and Construction
  • Open Systems in Practice
  • Shape Studies
  • Design Tool Development
  • Responsive Architecture

研究室関連の発表は下記2編です。

  • L. Sun, T. Fukuda, S. Christophe: A synchronous distributed VR meeting with annotation and discussion functions 【PDF
  • L. Sun, T. Fukuda, T. Tokuhara, Y. Yabuki: Difference between a Physical Model and a Virtual Environment as Regards Perception of Scale 【PDF

来年のCAADRIA2014は、5月14日から17日、京都工芸繊維大学にて。8年ぶりの日本開催です。仲隆介先生(写真)がOrganising Chairで既に準備委員会を立ち上げておられます。5月14-17日です。基調講演も既に凄い方が決定です。初夏には論文募集の案内ができると思います。是非、論文投稿と発表を宜しくお願いします。