ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

冬はコタツに入ってお堀めぐり。

堀川遊覧。

松江城のお堀を約1時間かけてめぐる。松江城の水質浄化により1997年に実現。今は40隻で年間34万人の観光客を集めている。冬はコタツに入りながら。東京の企業を辞め、故郷松江に戻って船頭を始めた方もいるらしい。


■船は定員約10人。屋根がついているが橋が低くて通れない橋は、屋根が前に倒れる仕掛けになっている。その時は乗客もかがまないといけず、見知らぬ乗客や船頭さんと仲良くなれるひと時。

■出発時の風景。

■橋をくぐったり、松江城を望んだり、松江らしい塩見縄手の町並みを覗いたり、自然と触れ合ったり。陸地では味わえない面白さがある。

■塩見縄手の風景。


そういえば、日本各地の様々な遊覧船に乗ってきた。
■割としっかりした観光遊覧船:東京湾水上バス横浜シーバス大阪水上バス京都伊根舟屋めぐり遊覧船兵庫県香住遊覧船かすみ丸神戸港クルーズ鳴門うずしおめぐり南九十九島めぐり那覇港水中展望船など。
■手漕ぎ・モーターボートの大きさ:近江八幡・水郷めぐり堀川遊覧船大阪・水上タクシー実験徳島・ひょうたん島めぐり福岡柳川の川下り(乗れずに見ただけで残念)、西表島浦内川遊覧船など。

まだ紹介できていないものは順次紹介しますね。