ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学・工・環エネ)の公式ブログです。

なにわの海の時空館。

なにわの海の時空館。ガラスドームで覆われた展示棟へは,エントランス棟からエレベータで地下2階へ降り,海中道をくぐってアクセス。


■海中道(長さ60m)の上面には,天窓が設置。大阪湾の海中が覗ける。運がよければ,スズキ,チヌ,ボラ,フグ,ハゼなどに出会える。

■ガラスドーム内部。4208枚のガラスを用いたドーム型建築。4階から観覧。各階,「海がつなぐ世界の文化」「大坂みなとの繁栄」「船」「海への誘い」をテーマに,ゆったり展示。

■メイン展示物,菱垣廻船「浪華丸」。全長約30m,高さ約27.5m,幅約7.4m。帆の大きさは約18m×20mと大きい。
実際に,1999年7月20日から8月2日まで,大阪湾で試験帆走した。この後,海上クレーンによりドーム内に搬入,設置。


なにわの海の時空館公式サイト