読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

ヴォーリズ展 in 近江八幡1。

2009年10月3日〜11月3日までの1ヶ月間開催された,「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展 in 近江八幡」。
終了間際の10月末に訪問。4日間かけてご紹介。


■白雲館は明治10年完成。日牟礼八幡宮へ向かう大鳥居の前。現在は,近江八幡観光の拠点であり,ヴォーリズ展 in 近江八幡でも総合受付会場となった。

■訪問当日,近江兄弟社学園による演奏会の真っ最中。受付を終え,白雲館ではヴォーリズに関する「全般」的な紹介。そして,いよいよ次の会場へ。見学可能な施設は18箇所,そのうちヴォーリズ建築は12箇所,普段は中へ入れないヴォーリズ建築もアリ。半日で回るのは少々厳しいか。会場となった近江八幡旧市街全域はコンパクトな街。徒歩または自転車がベター。

■2番目の訪問地,旧八幡郵便局へ。1921年築。こちらではヴォーリズの「建築」について。階段を上って展示会場へ。ヴォーリズの階段は,上りやすさを重視して蹴上げと踏み面の寸法を考えられている。丁度,NHKが取材中。

■旧八幡郵便局脇には,レンタサイクルがズラリ。市外,県外のお客さんが多い証拠。写真には写っていませんが,当日は,ものすごい人が歩いておられました。


■ふくだぶろーぐ過去の記事
ヴォーリズ展 in 近江八幡へ。
ハイド記念館のLEDライトアップ。