読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

加古川東高SSHが紹介されました。

以前より紹介してきた兵庫県加古川東高での取り組みが,フォーラムエイト社ユーザ紹介で取り上げられています。取り組んだ内容は,Google SketchUPとUC-win/Roadを用いて低価格かつ操作性の高いVRシステムを構築して,加古川中心部の再生を高校生の目線から提案したものです。

兵庫県立 加古川東高等学校 スーパーサイエンスハイスクール「東高生の描くKAKOGAWAデザイン」グループ
文科省指定SSH事業の一環で高校生が地元商店街のデザイン提案に挑戦
−地域アドバイザーによる指導の下、当該エリアに自ら期待する機能を3D・VRで表現−
[English][Korean][簡体字]


VR(仮想現実)は,国土交通省所管公共事業における景観検討の基本方針でも取り上げられているように,様々な分野で実用化が進んでいる技術です。全米科学財団NSF目標が発表した,「達成可能となった場合には,人類の生活水準に大きな向上をもたらす『今世紀中に達成すべき14の重点技術目標』」にも含まれています。本年4月,東京オリンピックの視察団に対する,MR(複合現実)を用いた施設紹介は記憶に新しいところです。

これらシステムの改良・拡張に対する興味は尽きませんが,今回,都市の将来像を検討するために一定規模のVRを高校生が自分たちで作成できるようになったことは,建築・都市分野でのVR応用を研究し続けてきた者として,一つの目的地にきたかなという気がします。


兵庫県立加古川東高SSH2008 - クラス発表会。(2009/02/18)
兵庫県立加古川東高SSH2008。(2009/01/13)
「VRプレゼンテーションと新しい街づくり」出産間近。(2008/10/02)
ブログはじめて丸3年 & 母校にて進路講演2008。(2008/01/31)
兵庫県立加古川東高SSH。(2007/12/23)