読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

安藤忠雄建築展[挑戦−原点から−]

TOTOテクニカルセンター大阪(本町,伊藤忠ビル向かい)で開かれている,安藤忠雄建築展[挑戦−原点から−](TADAO ANDO "CHALLENGES - FAITHFUL TO THE BASIS")に行ってきました。留学生からお誘いを受けて,彼にはANDO建築を私なりに紹介させてもらいました。彼は大学一年生の時,遠く離れたブラジルの大学での模型制作実習で,光の教会を制作したそうです。ANDO建築はブラジルでも人気だそうです。

展覧会は,住吉の長屋光の教会,六甲の集合住宅,表参道ヒルズ東急東横線渋谷駅,東急大井町線上野毛駅,プンタ・デラ・ドガーナ再生計画,アブダビ海洋博物館,バーレーン遺跡博物館など。今回は特に,模型や手書き図面に見入ってしまいました。住吉の長屋光の教会の模型は1/10スケールで鉄筋コンクリート製。制作期間は約半年。ギャラリートークも楽しかった。安藤先生のお話は,以前聞いて落としどころがわかっていたとしても,なぜか又笑ってしまいます。

秋に東京の展覧会も覘いてきましたが,住吉の長屋の原寸大模型は迫力満点。はじめて住吉の長屋に入れました。展覧会の規模はそれほど大きくありませんが,東京では2ヶ月半の会期中に4万人訪問されたそう。インパクトのあるプレゼンテーションは,やはりとても勉強になります。


安藤忠雄建築展[挑戦−原点から−]