読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

ストラスブールの自転車道。

フランスの自転車政策ではリヨンやパリのヴェロカシオン(レンタサイクル)が有名であるが、ストラスブールはそれ以前から先進都市といえるレベルで整備を進めてきた。例えば自転車道では、毎年15~20kmの専用道を整備している。総延長にして、400km以上、ヴェロパークと呼ばれる駐輪場は市内に4箇所整備されている。

■新しいLRT路線(C及びE線)ではLRTのすぐ脇に自転車道が整備されている。進行方向もきちんと示されており、車線幅は1車線につき90cm程度である。

■橋の上にも。下のGoogleMapでは、上のLRT線は工事中。そして橋はまだ架けられていない。

大きな地図で見る

■狭い通りでも、とにかく繋がっている。

■こちらはベロタクシーベロタクシーは1997年にドイツで開発された自転車タクシーと運営システムを指し、既に日本でも導入がはじまっている。

■ミニトラム。狭い通りでもなんのその。


ストラスブール市公式サイト