読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

ヴォーリズ建築が特別公開@近江八幡!

4〜6月の土日祝日を中心に、ヴォーリズ建築が特別公開されるそうですね。


■アンドリュース記念館。1907年に竣工した、ヴォーリズ建築第一号の建築物。旧近江八幡YMCA会館。会館内の書斎と暖炉のある小部屋は「祈りの部屋」と呼ばれ、当時のままの姿が保存されています。今回は、特別公開となっています。


■ウォーターハウス記念館。1913年築のヴォーリズ建築。国登録有形文化財。アメリカの伝統的な建築様式である「コロニアルスタイル」で建てられており、3階建て11室、暖炉が5箇所、煙突が2個所備えられています。今回は、特別公開となっています。

  • アンドリュース記念館とウォーターハウス記念館の特別公開
  • とき:2013/4/6〜5/6(土日祝.全13日間)
  • 時間:10〜16時
  • 料金:ウォーターハウス記念館と2館で300円(1館のみ200円)
  • 公式URL:近江八幡観光物産協会


■旧伊庭家住宅。近江八幡市出身で住友二代目総理事を務めた伊庭貞剛が依頼したヴォーリズ建築。大正2(1913)年に設計された木造住宅であり、洋風の外観を持ちながら、畳敷の座敷など随所に和風建築の手法を取り入れた和洋式木造住宅。市指定文化財。 今回は、安土特別百年として特別公開となっています。

  • 旧伊庭家住宅の特別公開
  • とき:2013/4/27, 28, 29, 2013/5/3, 4, 5, 6, 12, 19, 26, 2013/6/2
  • 時間:10〜15時
  • 料金:無料
  • 公式URL:安土町観光協会

特別公開について、担当の方に詳しく聞いてみると、実は、ヴォーリズ建築 2館見学(ウォーターハウス記念館とアンドリュース記念館)のチケットを安土・旧伊庭家住宅に持っていくとちょっとした記念品がもらえるそうです。

数年前に安土町と合併した近江八幡市ヴォーリズ建築が八幡と安土をつなぐ一助になればいいですね。
現地に出かけた折、iPhoneiPadをお持ちの方は、VR安土城も併せてお楽しみください。

■過去のヴォーリズ建築記事(ふくだぶろーぐ)