読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

路上観察学入門。

赤瀬川原平さんが建築学会賞を受賞されたと知り(おめでとうございます!)、久しぶりに「路上観察入門」を手に取った。

「神は路上に宿りたもう」

  • 紙上 -> 路上
  • 鑑賞 -> 観察
  • 大人の芸術 -> 子供の科学
  • 空間 -> 物件

街歩き好きにはたまらない本だろう。
1986年刊ながら、トマソン(街中の建造物や道路に付着する、無用の長物でありながら美しく保存された不可解な凹凸を発見し、記録、報告する)の発見は今読んでも本当に新鮮。

  • 純粋階段:純粋な昇降運動を強制し、それ以外何の見返りも期待できない階段
  • 無用門:さまざまな技法により人の出入りを拒む、困った門
  • エコダ:被閉塞物の形状に合わせ丹念に素材を加工、ピッタリ隙間に塞がれた無用空間
  • カステラ:建物の壁面等に付着する用途不明のカステラ状団塊、出っ張り。
  • 庇:本来その下にかばうべき物を喪失したにもかかわらず残存するヒサシ
  • アタゴ:道路・建物の脇に並ぶ用途不明の突起物
  • ヌリカベ:一見壁と見粉うが、かすかな痕跡から塗り込められ物の囁きが聞こえる
  • 原爆:撤去された物体が隣接する壁面に遺した原寸大の影
  • 阿部定:有名な猟奇事件の技法に倣って切断された電信柱、樹木など
  • 高所タイプ:機能するには非常識と思われる高みに設置されたドアなど。有事に際しての使用が考えられるものもあり、多くは判定保留
  • その他

大阪まち遊学や大阪旅めがねのツアーでも紹介しているカテゴリもある。どちらかといえば、ツアーのネタを探す下見歩きの行為に近いかもしれない。β版である下見歩きでの路上観察は中々ゆるりと楽しいものである。

近年発刊された「散歩の学校」も併せておすすめしておこう。

路上観察学入門

路上観察学入門

散歩の学校

散歩の学校

Keywords: 旅行 観光