ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学・工・環エネ)の公式ブログです。

CAADRIA2018 @ 北京に参加してきました。

f:id:fukuda040416:20180602124545j:plain

f:id:fukuda040416:20180517173247j:plain5月中旬、CAADRIA2018 (Computer Aided Architectural Design Research In Asia)に参加してきました。CAADRIAは建築・都市設計分野のコンピュータ援用に関する学会です。アジア・オセアニア各国の大学がホストとなり、世界中からの参加者を迎え、毎年カンファレンスとワークショップを開催しています。23回目を迎えた今年は、中国北京・清華大学で開催されました。期間中、カンファレンスとワークショップが運営され、300名を超える参加がありました。

f:id:fukuda040416:20180602162628j:plain

この一年間は、論文審査委員長を仰せつかりました。昨年7月より、論文募集、他の学会でのPR、梗概審査、128名の査読者の招聘、全文審査、最終的な論文集の出版と仕事が数多くあり、良い経験になりました。中国では昨秋ごろより、One China Policyの影響が強くなっており、出版段階においても最後まで気を抜くことができませんでした。

学会期間中は、表彰委員(優秀論文賞の選出)、選挙管理委員(新たな理事の選出)の仕事も仰せつかりました(なぜか、表彰状の筆耕まで 笑)。

f:id:fukuda040416:20180602124102j:plain
CAADRIA運営メンバーとの再会

f:id:fukuda040416:20180602124118j:plainハワイ大の先生、韓国の学生たちと。清華大学 建築棟にはCAADRIAの立看板がズラリ。

f:id:fukuda040416:20180519174852j:plain今回、D1朱晗 君がYoung CAADRIA Award(若手優秀賞)を受賞しました。受賞のニュースは、大阪大学 工学部/工学研究科の広報などに掲載して頂きました!

CAADRIA2018の論文発表は計113編。査読無しのショートペーパーが46編とポスター発表が加わりました。日本からの参加者として、慶応大学、筑波大学大阪大学以外に、企業から竹中工務店の方が研究発表されていました。イノベーションが求められる時代、企業の方の研究発表が増えていくことが楽しみです。

  • Abstract Submission(梗概投稿): 254
  • Abstract Acceptance(梗概採用): 233
  • Full paper Submission(フルペーパー論文投稿): 161
  • Full paper Acceptance(フルペーパー論文採用): 117
  • Publication(論文集に掲載): 113

論文募集テーマ(メインテーマ: Learning, Prototyping and Adapting)

  • Robotic Fabrication and Automation
  • Computational Design Processes, Theory and Education
  • Generative, Algorithmic and Evolutionary Design
  • Additive Manufacturing and Optimization Processes
  • Digital Fabrication and Construction
  • Augmented and Mixed Reality in Architecture
  • Mixed Reality and Interactive Environments
  • Virtual Reality and Interactive Environments
  • Human-Computer Interaction and Wearables
  • Building Information Modelling and Interoperability
  • Environmental Analysis - Adaptive Facades
  • Computational Fluid Dynamics and Optimization
  • BIG Data and Machine and Deep Learning
  • BIG Data, Clustering and Information Processing
  • Adaptive Materials and Kinetic Architecture
  • Architecture and Urban Form and Analysis
  • Shape Studies and Design Synthesis
  • City Modeling and Thermal Comfort
  • Smart Built Environment and Internet of Things
  • Visual and Spatial Studies

研究室の発表リストは下記です。

著者: Kazuya Inoue, Tomohiro Fukuda, Rui Cao and Nobuyoshi Yabuki
タイトル: Tracking Robustness and Green View Index Estimation of Augmented and Diminished Reality for Environmental Design - PhotoAR+DR2017 project
(環境設計のための拡張現実・隠消現実のトラッキングロバスト性と緑視率推定機能の開発)

著者: Yuehan Zhu, Tomohiro Fukuda and Nobuyoshi Yabuki
タイトル: SLAM-Based MR with Animated CFD for Building Design Simulation
(建築物の設計シミュレーションのための動画CFDを有するSLAM型複合現実感システム)

113編の論文は、CuminCAD論文DBにも既に登録されています。その内、他の論文DB(Web of Science, EI Compendex, Scopus)にも掲載される予定です。
Cumincad : CUMINCAD Papers : Search Results

f:id:fukuda040416:20180602123645j:plain

北京ではOGに出会うことができました。北京ダックのない北京料理店にて。数年前に研究室でドクターを取得され、今はコンサルタント企業で活躍されています。最近の中国ではApliPayかWeChatでしか支払えないお店が増えています。私のような外国人には困ったことです(涙)。

来年のCAADRIA2019は、2019年4月にニュージーランドウェリントンでの開催となります。また一年、頑張ろうと思います。

CAADRIA Facebook Group

f:id:fukuda040416:20180602130123j:plain CAADRIA WeChat Group