ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

尼崎市立 難波の梅小学校 工事現場見学会を実施しました(2015年7月25日)

大阪は天神祭の7月25日、環エネの学生有志と尼崎市立 難波の梅小学校 建設工事現場見学会へ。小学校の統廃合に伴って、尼崎市役所の向かいにあった旧小学校校舎を解体し、機能もデザインも真新しい校舎を新築中。来年の春から、小学生たちが実際に使い始める。それにしても「難波の梅」という名前がシブい。

正直、とっても暑かったが(1週間前の天気予報では台風が来るカモということでヒヤヒヤしていた)、生々しい鉄筋コンクリート造(RC造)を作り上げる様子を学生さんに間近で見てもらうことができた。人間が通れる最小限のスペースに作られた狭い仮設の階段を上ってもらうことができた。昔から変わらない屋上のアスファルトの防水加工の作業を見ることもできた。こうした実作業について、写真やビデオを駆使したとしても、残念ながら講義室では教えきれないことが多い。コンクリートの中で組まれる鉄筋の組み方も工事中ならば目に焼き付けることができる。鉄筋はでき上がってしまうと見えない、いや、見えちゃ困るのである。設計施工段階で作成したBIMモデルをAR(Augmented Reality: 拡張現実感)で透視すれば話は別ですが。。。


今回の見学会では、柄谷工務店さんに大変ご協力頂きました。無から有を作り上げるものづくりの仕事の大変さとすばらしさを、現場に出向いて、実際に体験して、メンバーと共有することが大切だと改めて認識しました。社会には、学生だから見せてくれるもの、教えてくれることがまだまだあります。今回参加を逃した学生さんは、次回の企画に是非いらしてくださいませ。


以降、
今回のような現場見学会(工事現場に限らず、環境・エネルギーを中心とする、ナマの仕事全般)の案内を希望される方は、私のメールアドレス
fukuda(AT)see.eng.osaka-u.ac.jp (←「(AT)」を「@」に変えてください。)
まで、
①氏名、②所属・学年・年齢、③メールアドレス(PCメールからの添付資料が受領できるアドレスで)、④あなたが見学したいところ を添えてメールをお願いします。学生さんと若手社会人を対象とさせて頂きます(今のところ)。