ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

日本建築学会シンポジウム2012:BIMで設計、教育は変わるのか? −BIMとインターネットを活用した設計コンペからみえたこと

中之島センターでお会いしましょう〜!

PDF <- Click!

BIM とインターネットによる設計コンペ「BLK 2011」(Build Live Kobe 2011)には、多数の設計実務者や学生のチームが参加し、3 次元CAD ソフトや解析ソフト、さまざまなコラボレーションツールなど、BIM とインターネットを活用した設計行為がなされた。本シンポジウムでは、コンペ参加者と教育者、設計実務者等とのパネルディスカッションを通して、BIM により設計、教育の何がどのように変わるのかを議論する。

主 催:日本建築学会 情報システム技術委員会 設計・生産の情報化小委員会
日 時2012年2月17日(金)13:30〜17:00
会 場 大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール
大阪市北区中之島4-3-53)

●主旨説明:猪里孝司(小委員会主査/大成建設

●話題提供「BIM による設計コンペ事例」(7 題)
芝浦工業大学神戸大学大林組前田建設工業、ビム・アーキテクツほか

●討論「BIM により設計、教育の何がどう変わるのか」
衣袋洋一(芝浦工業大学)、遠藤秀平(神戸大学)、福田知弘(大阪大学)、山下純一(IAI 日本)、中元三郎(安井建築設計事務所)、内田公平(鴻池組

●まとめ:能勢浩三(竹中工務店