読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

ピサの斜塔。

この塔は5.5度傾いており,今にも倒れそうな気がしてくる。内部はらせん階段で上っていくのだが,平衡感覚がおかしくなったのは確か。
しかしながら,ピサの斜塔は高さ55m程で意外に低い。時代は全く違うが,大阪マルビル(124m)の約半分。そして太陽の塔(70m)よりも低い。10個積み上げても東京スカイツリー(武蔵m)には及ばない。もし普通に真っ直ぐ立っている塔ならば,,,何度も倒れそうになって人々をドキドキさせていなければ,,,ガリレオが落体の法則を発見したという逸話などが無ければ,,,そこまで人を惹きつける建物だろうか?とちょっと感じたのも正直なところである。


■訪問時はヨーロッパが夏休みに突入したこともあって,人口9万人のピサ都心にある斜塔周辺(奇跡の広場)は観光客であふれかえっていた。観光客はみな,ヨガをしているように見えますが,ジツは,塔を支えたり,塔を倒そうとしたりするポーズ。

■塔の頂上より旧市街を。お勧めは塔の頂上でジャンプすることです[:汗:]。


■斜塔ディテール。近年,修復工事が行われてきたこともあって,柱の色などにはバラツキが見られる。

■ピサの旧市街。

■川沿いのブールバール。

■奇跡の広場に入るところ。斜塔を見た瞬間平衡感覚がおかしくなりました。