読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

VR International Summer Workshop 2010。

World8/World16

米・Santa Barbaraで開催されている「VR International Summer Workshop 2010」に参加しています。只今現地時間6:30過ぎ。
あと1時間ほどでホテルを出発,帰国の途へ。今回のWSの様子は「ふくだつぃーと」で逐次紹介しました。時差16時間の中ウォッチして頂き,ありがとうございました。

「VR International Summer Workshop 2010」は、建築・都市計画・まちづくり分野でのVRシステム開発・応用を目指す,招聘型のワークショップ。アリゾナ州立大学 小林佳弘准教授が企画。フォーラムエイト社が協賛。

これまで,2007年11月に東京で開催された第1回国際VRシンポジウム(1st International VR Symposium)を皮切りに,
 ・International VR Summer Workshop 2008(2008年8月,Arizona State University)
 ・2nd International VR Symposium(2008年11月,東京)
 ・International VR Summer Workshop 2009(2009年7月,箱根)
 ・3rd International VR Symposium(2009年11月,東京)
と継続的に活動。

メンバーは昨年から計16名の「World16」で構成。世界中のメンバーが全員揃うのは中々大変だが電子ツールを活用しながら皆精力的に活動している。

現在の,World16のメンバーは下記の通り。
 ・Yoshihiro Kobayashi (Arizona State University, USA)
 ・Kostas Terzidis (Harvard University, USA)
 ・Taro Narahara (NJIT, USA)
 ・Michael Jemtrud, Nik Luka (McGill University, Canada)
 ・Wael Abdelhameed (University of Bahrain, Bahrain)
 ・Ronald Hawker (Zayed University, UAE)
 ・Claudio Labarca (Pontifical Catholic University of Chile, Chile)
 ・Tomohiro Fukuda (Osaka University, Japan)
 ・Paolo Fiamma (University of Pisa, Italy)
 ・Ruth Ron (Florida University, USA)
 ・Matthew Swarts (Georgia Institute of Technology, USA)
 ・Thomas Tucker (Winston Salem State University, USA)
 ・Marc Aurel (Chinese University of Hong Kong, Hong Kong)
 ・Marcos Novak (University of California, Santa Barbara, USA)
 ・Amar Bennadji (Robert Gordon University, England)


サマーワークショップはこれまで,米・アリゾナ,箱根での開催でしたが,今年は米・サンタバーバラにて。朝9時から夜中まで缶詰めでプレゼン,ディスカス,研修,そして交流。

■オープニングセレモニー(7月22日)。小林准教授のオリエンテーション。World16のメンバー他,フォーラムエイト伊藤社長ら計24名が出席。

■会場となった,University of California, Santa Barbara校。日本では猛暑の日々が続いているようですが,こちらは14〜17℃とかなり低め。半袖は寒いくらい。

■7月23日,11月の発表会にむけた研究計画を準備中。昨日24日には各自プレゼン。5分プレゼン,5分ディスカス

第4回国際VRシンポジウム(The 4th International VR Symposium)は2010年11月18日に東京にて。
また,お会いしましょう。