読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

大阪旅めがね 京橋4。

大阪旅めがね 京橋コースの最終回。

■京橋中央商店街の入口にある,真実の口。これはローマのオリジナルよりも大きい。また,かなり高い所にあるので,手を入れられる人間は果たしているのか?と思えてしまう。因みに,ローマのオリジナルは下の写真。

国道1号線を渡って京橋駅の方へ。商店街は駅まで続く。駅に近づくにつれ,コナモン屋が増えてきた。この辺は,道頓堀化しているのかもしれない。それにしても商店街には人・人・人。大阪は商店街が今もしっかり根づいている。

■総合レジャービルグランシャトーの北側を歩く。嘗てはこの通りを京阪電車が通っていたそう。そういえば,グランシャトーの歌は高校の文化祭・寸劇で使いましたっけ。

■最終ゴールはこちら,洋酒喫茶「ニューリド」。40年近く営業中。洋酒喫茶がお酒を出す喫茶店に対し,純喫茶はお酒を出さない喫茶店だそう。一人では中々ドアを開けにくい風貌。でも,入口を開けたら別世界が広がっていた。特に小芋の煮つけ!


京橋ツアーは,都会的・人工的なOBPと,下町・自然発生的な京橋を対比しながら見せてくれる。ルートで斬れば,OBP=大通りを一直線 vs 京橋=路地をくねくね。途中で立ち寄るドリンク・スポットで斬れば,OBP=ソフトドリンク vs 京橋=アルコール。参加者で斬れば,ガイド=若い女性 vs 旅人=おっちゃん(参加日がたまたまかもしれないが)。
対比の分岐点となる辺りは,寝屋川を渡る辺りになりそうだが,この辺りで「分岐したこと」をもっと印象付けてくれると更に面白くなるように思えた。


大阪旅めがね公式サイト