ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

黒部ルート見学会2:インクライン。

産業用に建設されたケーブルカーのことをインクラインという。
黒部ルートのインクラインは、インクライン上部駅(標高1,325m)〜黒部川第四発電所前駅(標高869m)で、高低差は456mもある。456mの高低差を、40m/分の速度で、34度の傾斜角度を下りていく。34度はスキーだと中〜上級クラスだ。

このインクラインは昭和34(1959)年より稼動。このインクライン建設工事は、急傾斜の長大斜坑を掘削するという点で、当時、世界に例のないものだったそうだ。日本の土木技術力には驚かされる。

インクライン台車の断面図とルート案内図。

■34度の傾斜をまっすぐ、ゆっくりと下りていく。

■中央部で下(黒部川第四発電所前駅)から上がってきた台車とすれ違う。
普段見慣れない光景だからか、SFのような世界だ。

中島みゆき紅白歌合戦地上の星を熱唱したのはインクラインが向かっている、黒部川第四発電所前駅付近。
台車の中では当時の紅白(2002年)をDVD上映。中々粋な演出。

黒部川第四発電所前駅に着いた。

次回はいよいよ、黒四発電所

大きな地図で見る
↑この地域のストリートビューの登場はいつだろうか?

黒部ルート見学会(事前申込必要)