ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

竹林景観ネットワーク in 近江八幡初日。

早くも2ヶ月が経ってしまったが、6月21日・22日に参加してきた竹林景観ネットワーク「ふるさと竹林調査隊 in 近江八幡」の様子を。八幡掘まつりでも企画中の、体験宿泊会も旧吉田邸にて開催した。

2日間に渡る盛り沢山の内容で、失礼ながら予想以上に勉強でき、参加者と交流できた企画。メンバーは地域住民、NPO、大学、学生、行政職員など。滋賀を中心に、広島、金沢、岐阜、大阪などからも参加。
スケジュールに沿って紹介しよう。


■21日10:00〜15:00:現地調査。近江八幡市に隣接する八幡山、観音山の竹林景観を3班に分かれて観察。筆者は観音山調査隊員として、真竹と孟宗竹の見分け方や近年深刻な問題となっているテングス病の状況を岐阜大学の河合先生に頂きながら、観音山に生息する竹の樹種や胸高直径、樹高などを測定した。正に学べるエコツアー。

■21日15:00〜17:00:ワークショップ。分かれて調査した3班が図書館に集合。地図に調査結果をプロットした上でプレゼンテーション。

■21日18:00〜21:00:車座懇親会。近江八幡ではすき焼きを「じゅんじゅん」という。今回は地鶏じゅんじゅん。八幡酒蔵工房の小関さんやおやじ連のメンバーがセットアップ。懇親会ではバンブーオーケストラも(下)。


この後は皆で歩いて銭湯へ。それから、旧吉田邸で体験宿泊。
中々信じてもらえませんが、静かで涼しくて快適でした。
明日は2日目をご紹介。

竹林景観ネットワークHP
里山の竹林保全考える近江八幡の景観団体など実地調査(京都新聞2008年6月22日)
竹林を健康診断 八幡山一帯で現地調査(滋賀報知新聞2008年7月26日)

■参加者のブログ
チクリン
ふるさと竹林調査隊in近江八幡
竹の戦略 太陽独り占め
“大地”の取り合いだ
「ふるさと竹林調査隊 in 近江八幡」に参加!!

■ふくだぶろーぐ掘り返し!
21-22「竹林景観ネットワーク」ふるさと竹林調査隊・研究集会。