読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

地宙船。

東京メトロ副都心線東急東横線が相互乗り入れする、渋谷の地下鉄駅。
設計者である安藤忠雄氏は、「地下深くに浮遊する宇宙船=地宙船」と名づけた。

地下2階のコンコースレベルから、地下5階のホーム空間を吹き抜けとしている。これは空間のわかりやすさと共に、自然換気も期待できる。また駅全体は、楕円の卵が地下に沈んだような構造となっている。

駅はとかく無個性になりがちだが、「地宙船駅」はネーミングも空間もわかりやすく人々の印象に残るだろう。


■地下5階ホームより。地下2階コンコースレベルまで吹き抜け。
吹き抜け部分も楕円となっており、長径で20m強。

■「自然の力による換気システム」の紹介。
デザインコンセプトの紹介パネルや模型も展示。

■2階コンコースから改札を通り卵の中へ。
卵は長径約80m、短径は約24m。

■ホームへ下りるエスカレータから。はみ出した卵がちらっ。。。


大阪では今秋開業予定の中之島新線なにわ橋駅安藤忠雄氏のデザインだ。
■中之島線各駅出入口のデザインが決まりました(中之島高速鉄道株式会社・京阪電気鉄道株式会社)

新宿経済圏の期待を乗せ副都心線開業−記念乗車券も完売(2008年6月15日)
東京メトロ副都心線、「期待」乗せ開業−渋谷駅は始発前に行列(2008年6月14日)
新宿三丁目ホームで副都心線開業記念式典−石原都知事など初試乗(2008年6月13日)
新渋谷駅は「地宙船」をイメージ−安藤忠雄さんデザイン(2007年9月25日)