ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

ストラスブール・ノートルダム大聖堂(Cathedrale Notre-Dame)。

ストラスブールのランドマーク、ノートルダム大聖堂
1176年から1439年まで、350余年の歳月をかけて建造された。
尖塔の高さは142m。19世紀初頭までキリスト教世界では高さ第1位にあったが、ドイツのウルム(162m)、ケルン(157m)の完大聖堂の完成により凌駕された。
332段の階段を上ると高さ66mの展望台に出る。遠くまで見渡せるぞ。

■西側正面を飾る彫刻。

■高さ66mの展望台より。西側(上の写真の通り)を見る。

■展望台より東側を見る。遠くに見えるはヨーロッパ連合議会。

■朝の尖塔。正にランドマーク。Homme de Ferより。

ノートルダム大聖堂の鐘の音。画面は90度傾いています。
(画面中央の矢印をクリックすると映像が流れます)


大きな地図で見る


ストラスブール市公式サイト