読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

ヴィトラ・デザイン・ミュージアム(Vitra Design Museum)。

ヴィトラ・デザイン・ミュージアムは、世界屈指の家具メーカー、ヴィトラ社本社工場敷地内にある。
フランス、スイスの国境に近い、ドイツ南西部の町バイム・アム・ライン (Weil am Rhein)に位置する。
敷地内には、安藤忠雄 (Tadao Ando)、フランク・O・ゲーリー (Frank O. Gehry)、ザハ・ハディッド (Zaha Hadid)など、世界を代表する建築家による建物が点在している。


今回はフランク・O・ゲーリー (Frank O. Gehry)による、ヴィトラ・デザイン・ミュージアム(Vitra Design Museum)を。

インパクトのある外観。ゲーリーは神戸フィッシュダンスホールのデザインも手がけた。
内部は撮影禁止。

■訪問時は、近代建築の巨匠といわれるル・コルビジェ (Le Corbusier)の展覧会が催されていた。
コルビジェはスイス ラ・ショー・ド・フォン (La Chaux-de-Fonds) 出身。バイム・アム・ライン (Weil am Rhein) からは直線で80kmほどの町。彼はスイス通貨・10スイスフラン (CHF) の肖像画にも選ばれている。

■黒板にモデュロール(Modulor)を描くコルビュジエの写真が。

■ヴィトラ敷地内に点在する建築ツアーはこのミュージアムで受付。英語チームとドイツ語チームに分かれる。
写真中央、オレンジ色服の向うのサングラスをかけた女性がガイド。プロらしいプレゼンテーションは勉強になった。

安藤忠雄氏設計、ビトラ・セミナー・ハウスよりミュージアムを見る。


拡大地図を表示