読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

邱茂林教授 来阪のお知らせ。

台湾国立成功大学 邱茂林 (Mao-Lin Chiu) 教授が来阪されます(→した=11/14 20:00現在)。

CAADRIA(Computer Aided Architectural Design and Research in Asia:アジア建築CAD学会)は、建築設計や都市計画の研究・教育・実務におけるIT技術の活用について情報交換する目的で、故笹田剛史大阪大学名誉教授、香港大学(当時)のThomas Kvan教授、John Gero教授らがアジアオセアニア地区の大学関係者呼びかけて1996年に誕生した学会です。
この学会では、毎年春に国際会議を開催しており、2006年は熊本大学、2007年は中国・東南大学が主催されました。
本年、CAADRIA2007では、故笹田名誉教授のCAADRIAへの貢献やアジアの研究者育成を願って、SASADA Awardという賞が新たに設けられています。

受賞者は、大阪に約一週間招待し、研究者の場合はレクチャを、学生の場合はワークショップなどを行うことを予定しています。

今年の受賞者が最初にご紹介した邱茂林 (Mao-Lin Chiu) 教授で、11月14日(水)〜11月18日(日)来阪されます。邱茂林 (Mao-Lin Chiu) 教授には、阪大において15日に特別講義のほか、17日にはCAADRIAに縁のある関西の研究者に声をかけて、邱茂林 (Mao-Lin Chiu) 教授を囲み、研究者や学生達の最新研究の発表による研究会CAADRIA Kansai 2007を開催します。

直前ではございますが、下記ご案内いたします。
会場は大学となりますが、学外の皆さまも是非ご参加ください。

■特別講義のお知らせ
 ・日時:2007年11月15日(木) 13:00〜14:30
 ・場所:S4-111(大阪大学大学院工学研究科環境棟(吹田キャンパスS4棟))
 ・講演タイトル:“Zero to One” - Digital Media, Content, and Service for Architecture and Urban Design
 ・講演者:台湾国立成功大学 邱茂林教授
      Professor Mao-Lin Chiu, Department of Architecture, National Cheng-Kung University, Taiwan
 ・地図はこちら(リンク先の16番「工学部・環境系」がS4棟です)。
 ・参加希望の方は、申し込みは不要です。直接お越しください。会費は無料です。席数に限りがありますこと、申し添えます。

■CAADRIA Kansai 2007のお知らせ
 ・日時:2007年11月17日(土)
  ・研究会 13:00〜17:00、懇親会 17:30〜
 ・会場:大阪大学医学部講義棟2階B講堂(吹田キャンパス)
 ・地図はこちら
 ・研究会、懇親会の参加希望の方は、11月15日(木)迄に加賀宛 (kaga_atsuko@env.eng.osaka-u.ac.jp)ご連絡いただきますようお願いします。

 <基調講演>
 ・講演タイトル:“Zero to One” - Digital Media, Content, and Service for Architecture and Urban Design
 ・講演者:台湾国立成功大学 邱茂林教授
      Professor Mao-Lin Chiu, Department of Architecture, National Cheng-Kung University, Taiwan
 <研究発表>
 ・京都工芸繊維大 仲研究室
 ・大阪電通大 上善先生
 ・大阪電通大 佐藤(王)先生
 ・立命館大 小松先生
 ・大阪大学 環境設計情報学領域(福田、呉、加賀)

■以前にもご紹介しましたが、10年来お付き合いさせていただいている邱茂林 (Mao-Lin Chiu) 教授の研究室にて。色々と紹介して頂いたが最も驚いた発見は、15〜20年ほど前に松下電工?が世界ではじめてVR(Virtual Reality)を実用化したときの広告が綺麗な状態で置かれていたことだ。


■ふくだぶろーぐ掘り起こし!(台湾)
明日建築展 (Architecture of Tomorrow) その3。
明日建築展 (Architecture of Tomorrow) その2。
明日建築展 (Architecture of Tomorrow) その1。
成功大学や路地など。
ふたたび台南歴史地区。
安平地区 その2。
安平地区 その1。
孔子廟。
国家台湾文学館。
台湾新幹線の乗り心地。
台湾新幹線。