読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

大津の路面電車と、子ども映画づくりワークショップ2007 in 近江八幡。

大津の路面電車は「おけいはん」こと京阪電車(京阪電気鉄道)の運営。
京都観光、大津観光のためのP&R(パークアンドライド)も実施されている。

京阪電車が路面を走る風景は、不思議な感じ。

浜大津駅。ここで京津線石山坂本線に分かれる。すぐ先は琵琶湖。

石山坂本線側(湖西方面)。



滋賀県の話題に関して、近江八幡ではこの夏、市内外の小中学生から公募で集まった子ども達7人と、
原一男監督の指導のもとで、「映画づくり」に挑戦したそうです。この度、上映会が下記の通り開催されるそうです。知人よりご案内いただいたので下記ご案内しておきますね。なお当日、準備や受付を手伝っていただけるボランティアスタッフが不足しているそうで、宜しければご協力お願いします。

■「子ども映画づくりワークショップ2007 in 近江八幡」完成披露上映会

開催日時:2007年11月23日(金) 09:30 〜 12:00
場  所:G−NETしが 視聴覚室(地図)
     (JR近江八幡駅南口より徒歩10分、ユーストア向かい側、駐車場あり)
料  金:無料
定  員:100名
内  容:
♪完成作品「タイムカプセル・アドベンチャー」上映
♪同メイキング・ビデオ上映
原一男監督+子どもスタッフ舞台あいさつ
♪完成祝賀パーティー(飲食代実費、希望者のみ)

背  景:
若者の「人間力」が弱っている昨今、「映画づくり」を子どもの教育に役立てようという機運が少しずつ高まっています。
2007年夏、原一男氏(映画監督・大阪芸大教授)の熱〜い指導のもとで、地元の小学6年〜中学2年の子ども達7人が、近江八幡を舞台に、1本の映画を一からつくり上げるワークショップを実施しました。
原案・シナリオづくりから、出演・撮影・編集に至るまで、全ての工程に子どもが関わり、3ヶ月以上、計25回にも及ぶ連続ワークショップを経て、ようやく1本の作品が完成。
子どもと大人の共同作業。 そこから生み出されたものとは…。

主  催:地域プロデューサーズ ひょうたんからKO−MA
共  催:マルチメディアセンター指定管理者CM2グループ
後  援:近江八幡市教育委員会
特別協賛:アサヒビール株式会社
助  成:(財)アサヒビール芸術文化財

問合せ先:近江八幡市立マルチメディアセンター
     TEL/0748-31-0800 FAX/0748-31-0801
     Email mmc@multimediacenter.jp
     URL http://multimediacenter.jp/


◎イベント詳細、チラシダウンロードは下記サイトから!!
 http://multimediacenter.jp/eiga/joeikai.html

■Docu×Docu ドキュメンタリーという生き方(原一男ブログ)
(2007年11月14日追記)


京阪電車大津線公式webサイト
Yahoo!動画:路面電車紀行 日本編((c)トーキョーヴィジョン, 2007年5月14日〜2007年12月10日)