ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

CANAL CAFE (カナルカフェ)。

東京で一番最初に出来たボート場、東京水上倶楽部(創業1918年)。初代東京市長である後藤新平氏(今年は生誕150年)と古川清(現オーナーの祖父)が知恵を出し合って、古川氏が私財を投じて作られたものらしい。
近年では、レストランバー、CANAL CAFE (カナルカフェ)として再生されている。
水辺(お堀)に面したデッキの上で、食事をしたり、寛いだり。
沿道とは高さレベルが違うので都心とは思えない静けさ。隠れ家的な雰囲気も好きだ。

■当日は、沢山の方が絵を描かれていた。

■エントランス。飯田橋駅すぐ。「EST. 1918」とある。

■手前がCANAL CAFE内部。エントランスから階段を下りる。

■レストラン。

■こちらは軽食ブース。スナックを買って、水際で寛げる。防寒用ブランケットも貸してくれる。


CANAL CAFEの地図

35/41/48.671,139/44/45.04

■CANAL CAFE公式HP