ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

日本語発表会。

大阪大学に毎年やってくる留学生たち。
彼らの中には母国で、日本語を勉強する機会が全くないまま、来日する留学生も多くいます。
そんな彼らのために阪大の方で、日本語研修コースが用意されています。キャンパス内留学ですね。

このコースで今年は、インドネシア、エジプト、レバノンバーレーン、エチオピア、バングラデシュ、フィリピン、ハンガリーグアテマラアフガニスタンベトナム、インド、ミャンマー、ヨルダン、エクアドル、ペルー、ブラジル、タイ、ブルガリアイスラエルチェコベネズエラ、からの学生が学んでいます。
今春私の研究室に来た、ブラジルから留学生もこのコースに所属しています。

昨日は、中間発表会があり参加させて頂きました。
テーマは「私のこと」。学生達がそれぞれにパワーポイントなども活用しながら発表していました。自分の国のことを取り上げる方が多かったように思います。


4月にこのスクールの開校式があり、その時にもこの面々ともお会いしましたが、その頃は当然ながら、全くといって良いほど日本語が理解できませんでした。しかし、2ヶ月ほど経つと、人により差はあれ日本語のみの発表と質疑応答が大分できるようになっていました[:初心者:]。
質疑応答は、海外の方々らしく非常に活発で、既に日本語でユーモアを取り入れた質問ができる方もいて(間合いとか、言葉遣いとか)、さすがインターナショナルな発表会でした。

言い方は適切でないかもしれませんが、「我が子の参観日」に来ているようで、発表される時はドキドキしましたよ[:にぱっ:]。