ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

シドニー・オペラハウス (Sydney Opera House)。

シドニー・オペラハウスは、世界三大美港のひとつシドニー港のシンボル。
デンマークの建築家ヨーン・ウッツォン(J?rn Utzon)他が、14年の歳月をかけて建設、予定より10年遅れて1973年に完成した。

■コンクリート・シェル構造による建物は3つに分かれている。左が最も小さくレストラン棟、中央が最も大きい大ホール=コンサートホール棟、右が小ホール=オペラシアター棟。

■初期案模型。この時点では放物線の断面をしていた。この案は実現が困難であるため、構造的・施工的に成立させるため、構造設計者オヴ・アラップ (Ove Arup)は、同じ半径の球面の組み合わせによって構成するシェル構造として解決を図った。

■シェルが重なり合う。

■シェル先端部。建物の高さは最高183m。

■外壁はスウェーデン製の白タイルが。風をはらんだヨットの帆や貝殻をイメージさせる。

■全景。

■GoogleMapで見るシドニーオペラハウス。
■シドニーオペラハウス公式HP