ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

溝そうじとヒメボタル。

今朝は7時より、小学校の溝そうじ。父兄が校内の溝を綺麗にしようと集まりました。
実家の方でもこの時期は田植えの準備のため、毎週溝そうじ。ため池から流れる水が、各田んぼに確実に行き渡るよう、鋤簾で溝に溜まった泥を掬い、水の流れを良くします。

小学校の溝には落ち葉や砂、泥がわんさか溜まっておりショベル両手に約2時間。中々やりがいのある量で、今朝の作業だけでは終わりませんでした。中でも一番手ごわいのは泥が溜まったところ。溜まってから大分年月が経っているようで、堆肥としても良い状態。溝なのに信じられないほど雑草が深く根を張り、ミミズ君やケムシ君も沢山生息。泥んこになりながら(最近は毎週泥んこですが(⌒▽⌒))、格闘しました。
子供たちも楽しみながら熱心に手伝ってくれました。
そして、作業が終わって頂いたオニギリの何とまあ格別なこと!コンビニでは買えないな。

参加して嬉しい情報が。
吹田市の千里緑地〜高野台付近では5月〜6月中旬(年による)ヒメボタルが見られるそうです。この辺りは巨大なビオトープとなっています。
小さい頃ゲンジボタルヘイケボタルを捕まえに行きましたが、最近は田舎でもコンクリートの溝が増えホタルを目にすることが減ったように感じます。今年は是非鑑賞会に参加してみよう。

■関連HP
□千里緑地コース ヒメボタル舞う千里緑地をめぐる!(吹田市役所HP, pdf)
□ぶらっと吹田(市民がつくる新しい遊歩道;吹田市役所HP)
□ヒメボタルの観察会が行われました(吹田市役所HP)
□吹田ヒメボタルの会
□吹田千里緑地のヒメボタル 98年からの発生数推移
□ヒメボタルの棲む森