ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

潮干狩り。

潮干狩りに行きました。
子供の頃、GWになると赤穂(兵庫県)へ潮干狩りに連れてもらい、大きなバケツに2〜3杯は取って帰り、近所におすそ分けをしていたことを覚えています。そして中学生の学校行事で、新舞子(龍野)に行ったのが最後のようです。
今回は比較的近くの、的形(姫路)に行きました。今は結構入場料がかかるんですね〜。


■干潮が午後4時ごろなので、1時過ぎに海に行くと沢山の人が既に。
干潮時に向けて、波打ち際が見る見る沖の方に下がっていきます。

■約3時間でアサリを118個、小さなカニを1匹捕まえました。アサリは味噌汁に。身が詰まっていて美味。


バケツ2〜3杯取って帰った、かつての栄光?が頭にあったので、118個とは非常に少なく思えました。
「今日の食事はこれだけか・・・」狩猟民族の気持ちが窺えました。
今日のような反省を踏まえて、食料を安定的に確保するため、狩猟生活から農耕生活へと進化していったのでしょう[:むむっ:]。予想通り!?、次の日は筋肉痛[:ぎょーん:]


主婦業、年俸1600万円に相当=「母の日」控え米社試算(時事ドットコム)という驚きのニュースがありましたが、4日ほど家事を手伝って再実感。主婦の皆様、いつもご苦労様です。


■的形(姫路)の地図

34/45/56.245,134/44/53.529