ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

高松丸亀町商店街。

高松市丸亀町商店街

400年の歴史を誇り、玉藻城に近く、高松市の商業地区の中心として栄えてきた高松丸亀町商店街。全長470mもある。バブル期の地価高騰のあおりを受け、一時は商店街の居住人口が100人を切ったこともあったそうだが、地元の方々が協力してまちづくり会社を立ち上げた。

向こう5年間の内に商店街全てを段階的に再開発し、人が住み、人が集う街づくりを進めていこうとするもので、地方再生のモデルとして全国から注目を集めている。全体をA~Gの7つの街区にゾーニングしているが、3月末に最初のA街区が竣工した。

A街区の開発事業の特色は、土地の所有権と利用権を分離した定期借地権方式にした点である。要は、土地代が事業費に表れないように、土地は土地に権利変換し、定期借地で建物を建て、その商業床をまちづくり会社が一体的にテナントミックスをする。お客の来ない商店は追い出されるので、地権者でも残れない可能性があります。

■北側より。フィレンツェを思わせる大きなドームが工事中で、その下は広場となっている。

■2階デッキより。低層階は商業施設、上階は住宅となっている。建物形状については、都市再生特別地区を使い、新たな壁面線や高さを指定することで、一般規制でかかる斜線制限などを撤廃して得られた斜線図を基にデザインされている。


■唐芋きんで有名な「松風庵かねすえ」さん。竣工当時、安倍総理も視察に来られたそう。

□政府インターネットテレビ「みんなでつくる街・みんなで守る街」(2007/03/29)


高松丸亀町商店街地図

34/20/33.227,134/3/11.333

■高松丸亀町商店街公式HP