ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

安平地区 その1。

安平(アンピン)は、台南で最も早く開かれた臨海地区。台南市街から台南運河を越えてアクセスする。近年では、開発プロジェクトが計画されているようだ。

◆億載金城(イーザイジンチォン)
清朝が台湾防衛の要塞として1874年に造営。フランス人を招いて砲台の設計をさせ、砲台は1876年に完成した。平面形状は78.53m×77.75mの星型をしており、1,500名が防衛に当たることができたという。
■入り口のトンネル。幅7m、高さ6.2m、奥行21.67mある。レンガはフレミッシュ積み(Flemish Bond)を採用。

■現在この地は史跡公園として整備されている。現在展示されている砲台の殆どはイミテーションだが、1台は当時の本物らしい。

安平古堡(アンピングーバオ)
1624年にオランダ人により築造された城砦。当時はゼーランディア城と呼ばれていた。明の復興を掲げる鄭成功らは、このゼーランジャ城を攻め落としてオランダを追い出し、台湾を占領した。日本統治時代は税関の宿舎が設置された。敷地内には、発掘調査の成果も展示されている。
■塔屋に上ると、、、

安平や、台南都心まで見渡すことができる。

安平古堡近くの、安平開台天后宮にて。逆光から撮るとシルエットが美しい。


※阪大では昨日が卒業式・修了式でした。今年も謝恩会を企画してくださいました。
一年経つのは本当に早いものです。
卒業生・修了生の皆さんの益々の御活躍を祈念します!


■過去のふくだぶろーぐ(台湾)
□孔子廟。
□国家台湾文学館。
□台湾新幹線の乗り心地。
□台湾新幹線。