ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

谷中ぎんざ。

谷中(やなか)は江戸時代の面影を残している寺町。多くの有名人が眠る谷中霊園も有名だ。「谷中」に加えて根津神社のある「根津」、森鴎外夏目漱石ゆかりの地「千駄木」の3エリアを併せて、「谷根千」と呼ばれている。

近所の買い物客で賑わう谷中ぎんざ商店街。

■夕やけだんだんと呼ばれる石段。下りると谷中ぎんざの入り口だ。この階段のせいか商店街には車はほとんど入ってこないようだ。日なたぼっこのメッカだからか、猫がたむろしていた。夕方にはこの先に夕日が見える。

■歩いているだけでも楽しい人情溢れる商店街。メンチカツ、谷中せんべい、最中、飴、豆腐などが目に飛び込んでくる。

■各店舗のひさしの上には、デザインされた木製看板が。みな手彫りだそうで風格を感じる。看板を大切にする心づかい、商売への意気込みが伝わってくる。

関連情報として、Yahoo! 地図情報で、
■古地図で東京めぐりが開催されています。江戸・明治・現代の地図がオーバーラップして楽しめます。2007年3月15日まで。


■谷根千ねっと
■谷中銀座商店街振興組合