ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

クリチバ:環境政策。

クリチバは、環境政策にも熱心だ。
現在は、95%の市民が環境都市という理由でクリチバ市を愛すると言われている。あなたの街は何%でしょうか?


■市民全員による「ゴミでないゴミプログラム」。
再生可能なゴミの分別収集プログラム。市民の意識を改革する目的で、ゴミ問題として取り扱うのではなく自然資源の節約・自然保護への一般家庭の参加協力を期待した環境教育として実施している。
ゴミ分別を、強制や押し付けではなく(分けなくては駄目と言ったらおしまい、分けることによって人々がいいことをしているという意識を持たせることが大切)、なぜ分別するかをはっきりと理解させながら、楽しくボランティア的なものとして考えているそうです。また、このような取り組みは大人になってからは中々実行しづらいので、子供に積極的に教えているそうです。


□街中で見つけた分別用ゴミ箱(左から、紙、プラスチック、鉄、ガラス、有機物)。

□「葉っぱ家族」のキャラクターが描かれた分別用のゴミ箱。


この他にも、主にスラム街に住む人々を対象としてゴミと食料を交換する「ゴミ買いプログラム」や、「緑の交換プログラム」、「環境寺子屋教育」、「水を見ようプログラム」など、幅広く実施されている。