ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

クリチバ:できるだけ自家用車を使わない都市計画2。

できるだけ自家用車を使わないクリチバ都市計画の2つ目。今回はバス輸送システムについてです。

都市の発展による交通問題解決のため、国際的な解決法とされているのが地下鉄システムの導入です。
しかし整備には多大な費用と時間がかかります。そこでクリチバでは、経済的・技術的な問題と短期間での解決を目指し、地上にバスを走らせながら地下鉄のように運用する方法を考案。その方法とは、
・バス専用レーンの設置。
・3連結の急行バスを、スウェーデンボルボ社と共同開発。一度に270人もの乗客を運ぶことができる。
・チューブ型バスステーションの開発により、乗降時間の短縮を実現。そのため、次のバスがすぐに運行できる。
・均一料金で乗車時に一度支払うだけで市内どこにでもバスで自由に行き来が可能。
などだそうです。

■バス専用レーン。

■3連結バス。

■チューブ型ステーション。写真のバスは、ブラジル・マルコポーロ社製。

■背景の黄色い花は、国花イッペ。

最近では、サトウキビを燃料にしたバイオディーゼルの研究も行われているそうですね。