ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

美ら海水族館。

美ら海水族館は、沖縄海洋博の跡地に整備された。
ここの目玉は、沖縄の海と黒潮を再現した巨大な水槽。

黒潮を再現した水槽に使われている、厚さ60cmにも及ぶアクリルパネルと大きな観賞窓(高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm)はギネスブックにも掲載されている。
ジンベイザメやマンタが泳いでいるのを水槽近くで眺めるだけでなく、後ろにベンチシートが用意してあって、映画のスクリーンのように観賞できるのが面白い。前で見ている人々のシルエットも映画の脇役のようだ。水槽の脇にはスナックがあり、サメやエイのすぐ傍で食事もできる。

ニモ(カクレクマノミ)やドリー(ナンヨウハギ)など、映画「ニモ」でおなじみのキャラクターが気持ち良さそうに泳いでいて、子供たちだけでなく我々も大はしゃぎできた。

■入り口ではタッチプールがあり、ヒトデやナマコなどに触れることができる。最近増えつつある、体験型コーナーだ。私は小さい頃から魚釣りに連れていってもらったこともありこの手のものは全く平気なたちだが、子供たちは見るのも初体験。水に手を漬けるのが精一杯。

昨年の春、4〜5時間ほどの滞在でしたが非常に楽しめた。できれば水族館の中に宿泊できる場所が欲しい。

■美ら海水族館公式HP