ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

アンコール・トム(Angkor Thom)のバイヨン寺院。

アンコールワットが造営された12世紀頃、アンコール王朝は最盛期を迎える。その時の規模は東京23区並み。防衛するには限界があった。そこでアンコールワット造営から半世紀後、アンコールトム(3km×3km)の中だけに都市を縮小した。
Thomは大きいという意味。その中心に位置するのがバイヨン寺院。

アンコールワットが「天空の楽園」をテーマとしたヒンドゥー寺院であるのに対し、バイヨンが「王国の救済」をテーマとした大乗仏教寺院である。

観音菩薩の四面塔。テラスに49、5つの塔門を入れて全部で54ある。

■入り口よりバイヨンを見る。

■第一回廊。アンコールワットと同様に一大絵巻が見られる。

■絵巻ズーム。クメール軍の行進。

■木陰の間よりバイヨン寺院を見る。

その他データ
創建者:ジャヤヴァルマン七世
創建年代:12世紀末
信仰:大乗仏教

■GoogleMap
■GoogleEarth(Angkor Tom)
※GoogleEarthのインストールが先に必要です。