ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

マチュピチュの農耕区域を中心に。

農耕区域。
段々畑のスケールの大きさには圧倒される。インカの人々は至る斜面地に段々畑を作り、生活の糧を生産していった。ジャガイモ、トウモロコシ、コカなど200種類以上の作物を栽培したといわれる。

段々畑でのんびり過ごすリャマ(Lama)。

正面に見えるプトゥクシ山。足元の川沿いに停車中の列車が見える。