ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

なまこ壁が美しい。

長州藩の城下町・萩の菊屋横丁。
日本の道100選の一つで、なまこ壁が美しい。

この地区は、藩の御用商人や中級武士が住んでいた。
付近には菊屋横丁、伊勢屋横丁、江戸屋横丁と三本の細い道があり、江戸時代風景がそのまま残っている。



■萩は太平洋ベルト地帯からも外れ、空港からも遠く、本当に時間の感覚が違います。一枚目の写真を画像処理して下に表示してみましたが、江戸時代に書かれた絵と言われても多くの方は納得されるんじゃないでしょうか。

■坂道に沿って壁が段段下がっていく。菊屋横丁の代表的な風景。電線が残念ですね。

高杉晋作旧宅。高杉は29歳の若さで亡くなっていたことに驚いた。桂小五郎(後の木戸孝允)、青木周弼、田中義一(第26代総理大臣)など皆ご近所。伊藤博文吉田松陰も萩出身ですね。後ほど扱います。

きょうの菊屋横丁
■地図はこちら