ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

砂の器の舞台。

奥出雲地方亀嵩(かめだけ)。山陰線宍道駅にて木次線乗換えで2時間足らず。

松本清張砂の器」の舞台。
テレビを見ない方ですが、昨年放映されたドラマは全て見た。
ストーリが面白い上、中学生の頃映画版を見たことがあり印象深かったこと、
舞台が蒲田(昨年の自宅近く)と亀嵩(山陰に親戚あり)でとても身近に感じられたからだ。
つい夢中になり、小説と映画版DVDも買ってしまった。




亀嵩駅。駅の事務所がおそば屋さんになっている珍しい駅。駅長はそば屋の店長さん。駅の委託管理を受けておられるそう。手打ちの出雲そばはとてもおいしかった。


■湯野神社。厳かな参道と、入り口に樹齢400年のとても大きなケヤキ(周囲約6m)が印象的。千数百年前から在る、非常に古い神社と言われている。

行って判りましたが、ドラマの舞台となった亀嵩駅は、山口線篠目駅が使われたよう。
また、出雲三成駅は亀嵩駅の隣ですが、ドラマ撮影地は津和野駅だそう。30年前の映画では本物が使われたそうですが、現在はモダンな駅舎に変わっていました。

ロケ地のページを見つけました。ネットは本当に便利。
■ロケ地のページ1
■ロケ地のページ2
■地図はこちら