ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

自分達で遊びを作りたい人達のために。

兵庫県篠山市にあるチルドレンズミュージアム。

廃校となった旧多紀中学校及び敷地を再生して平成13年(2001)に完成。
子供が実際に見学したり遊んだりできる展示棟、絵本やワークショップが開かれるワークショップ棟、実際に農業体験や里山に触れることのできるワークショップフィールドなどで構成されている。入場料も安く、一日居ても飽きない。
テーマパークも良いが、自分達で遊びを作りたい子供や大人にはお勧め。

展示棟で面白かったのは、大人の寸法に合わせて作った小学校の机・いすやランドセル。私も試してみましたが、こんなに大きかったのかと再認識しました。記念写真も撮りましたが、これはまたの機会にでも。[:むむっ:]



■ワークショップ棟内部空間。写真の手前ではいろんなおもちゃを使った遊びが、奥で様々なワークショップが開かれる。この日は料理教室。

■旧多紀中学校校舎。中学校の昔の姿や昔の遊びが展示され、実際に体験できる。

■ワークショップ棟。後ろの里山は実際に歩いてスギやヒノキに触れることができる。

■ワークショップでは『自然と科学』『食と農』『仕事と職業』などをテーマとして継続的に開催されている。
訪問した時はお料理教室で、イギリス人のメアリー先生(右端)と共にクッキーを作った。
写真は、クッキーを焼いている時間を利用してクイズをしているところ。


■チルドレンミュージアム計画についてはこちら
■オフィシャルサイトはこちら
■地図はこちら

以下ご参考:
学校がチルドレンズ・ミュージアムに生まれ変わる―地域と教育の再生の物語
目黒実著 ブロンズ新社