ふくだぶろーぐ

福田知弘(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)のオフィシャルブログです。

駅として再建されたレンガビル。

神戸にある、みなと元町駅。

日本近代建築家の草分けで東京駅も手がけた辰野金吾氏が設計し、1908年(明治41年)に第一銀行神戸支店として建設され、64年からは大林組神戸支店になっていた。

しかし阪神大震災で損傷し、修復は不可能に思われたが、新しい市営地下鉄の駅としてこのビルを保存しようという声が上がる。議論の末、南西の角に面した壁が再建され、みなと元町駅がその下に開業した。平成13年のことである。


■西側ファサード。中に駅のサインが見える。

■全景

■場所はこちら